当前位置: 首页 » 语言学习 » 小语种学习 » 軍民融合戦略

軍民融合戦略

发布日期:2019-06-07      阅读数:157 次

軍民融合戦略

2015年3月、習近平国家主席は第 12期全国人民代表大会第三回会議で解放軍代表団全体会議に主席した際、「軍民融合発展を国家戦略に引き上げる」と提起した。同年 10月の第 18期五中全会では、「軍民融合発展戦略を実施し、全要素・多分野・高効率の軍民高度融合発展の体勢を整える」と明確に提起された。これは、中国が長期にわたって経済建設と国防建設のバランスのとれた発展の法則を模索してきた上で収めた重要な成果である。軍民融合発展戦略実施のカギとなるのは、経済建設と国防建設の統一的考慮にあり、それをもって経済建設と国防建設を相互に促進し、相互に支えて、国家富強と軍隊強化の統一を実現させる。この戦略をしっかり実施するために、第 13次五ヵ年計画期間中、中国は一方で国防と軍隊建設に関する計画のマクロ的要求を経済・社会発展計画に組み入れるよう国家レベルでのトップダウン設計を強化し、関連の政策・法規・制度を整えて、法律法規の整備に大きく力を入れるが、もう一方で、競争原理の導入で活力を引き出して、軍事工業の独占体制を打破し、民間企業の参入規制を緩和し、機密保持に対する監督管理を強化し、良質で高効率な資源の投入を保証する。


军民融合战略

2015年 3月,习近平出席十二届全国人大三次会议解放军代表团全体会议时提出,“把军民融合发展上升为国家战略”;同年 10月的中共十八届五中全会上明确提出,“实施军民融合发展战略,形成全要素、多领域、高效益的军民深度融合发展格局”。这被认为是中国长期探索经济建设和国防建设协调发展规律的重大成果。实施军民融合发展战略,关键在于统筹经济建设和国防建设,使经济建设与国防建设相互促进、相互支撑,实现富国和强军的统一。为了实施好该战略,“十三五”期间,中国一方面将在国家层面加强顶层设计,把国防和军队建设规划的宏观需求纳入经济社会发展规划,并完善配套政策法规制度,加大法规建设力度。另一方面也将引入竞争激发活力,打破军工垄断体制、降低民企准入门槛、强化安全保密监管,确保资源投入有质量有效益。


来源:中国关键词

心译翻译工作室

英语翻译



»郑重声明:本网站文章均来源于原创和网络转载,所有内容仅代表个人观点。版权归心译翻译工作室和文章所有人共有,欢迎转载。但未经作者同意转载必须保留此段声明,并给出文章链接,否则我们保留追究法律责任的权利!如果本文侵犯了您的权益,请联系我们。
  浏览首页 加入我们 联系我们 合作公司